FC2ブログ

Home > 作品解説 > 布団たたき

布団たたき

ひさしぶりのブログ更新。今回は、ひさしぶりの作品解説を。

『#布団たたき』
121-hutontataki.gif

最近のテレビなどの報道を見ていて、考えていたことです。
不倫疑惑とか、経歴詐称とか、何かスキャンダル的なものが報道されるたび、その人を完全に否定するような感じ、嫌だなぁと思うんです。

ベッキーさんのやつは、CMやテレビ出演が無くなるくらい批判されていて、みんな好きだったんじゃないの?って思います。
ショーン・マクアードル・川上さんの経歴なんて、そもそも知らなかったけど好きだったし、実力で評価されてたんじゃないのかなぁと思います。
小保方さんのSTAP細胞も、実は再現されていた?なんて話もでてきていて、あれだけ批判されたのは何だったんだと思ったり。
佐野さんのオリンピックエンブレムも、ザハさんの競技場も、僕は好きでした。

インターネットの匿名性とかの問題もあるんだと思うけど、何か失敗したら、その人が全部否定されるんですよ。
もちろん、その人に悪い部分があって、批判されるのはわかるけど、なんか違うと思うんです。


布団叩きって、実は中綿を痛めているだけ、という話があります。
叩くと埃が出ているように見えて、実はそのほとんどがちぎれた中綿。
肝心のダニは、布団の中に逃げ込んでしまうので退治できないだけでなく、叩いて中綿が傷つくと、保温力や透湿性が低下してしまいます。
そもそも布団叩きとは、畳を叩くものだったけど、和室が少なくなりフローリング化していく住宅環境の中で、畳叩き業界の人たちが布団叩きとして売り出したそうです。
…真偽のほどはわかりませんが、そんな説を耳にしました。


たぶん誰にでも、叩けば埃が出ることなんて、あると思います。
批判されるべきことは、誰にでもあって。誰にでも、失敗も、間違いも、ダメなところもあると思うんです。

僕の周りの人は、僕が間違ったことをしたときは怒ります。
でも、言い訳はちゃんと聞いてくれるし、謝ったら次のチャンスを与えてくれる。
ごまかそうとしたとき、気付かないふりをしてくれることだってあります。
信頼は積み重ねが大切だけど、崩れるのは一瞬だなんて言葉がありますが、普段から積み重ねがあれば、何度でもやり直しができるし、そんなに簡単に崩れないんだと思います。

叩いて埃を綺麗にしているつもりで、誰かを傷つけるだけにならないように。
そして、僕が叩かれることがありませんように。そう願っています。
スポンサーサイト



Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://kotokotokotoba.blog118.fc2.com/tb.php/118-c0d91a8a
Listed below are links to weblogs that reference
布団たたき from コトコトことば

Home > 作品解説 > 布団たたき

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top