Home > 2013年07月

2013年07月

具体的と抽象的と、直接的と間接的。

こんばんわ!

新作『#アロマ』いかがだったでしょうか?
こちらは3月の個展の際に頂いたお題で、4か月ほどお待たせ致しましたが(>_<)笑
57-aroma.gif


さてさて、今回も新作についての諸々をお話したいと思います☆
ご興味ある方はお付き合いくださいませ(=゜ω゜)ノ


2015年に開催が予定されている【PARASOPHIA:京都国際現代芸術祭】ってご存知ですか?
その芸術祭のプレイベント「オープンリサーチプログラム」が先月6月から開催されています。

今回、7月27日(土)のイベントに参加してきました!
≪田中功起+蔵屋美香「抽象的に話すこと——ヴェネツィア・ビエンナーレに参加して」≫
第55回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展にて特別表彰を受賞した日本館。
そのアーティスト田中功起さんと、キュレーター蔵屋美香さんを迎えての講演会でした。
制作過程からヴェネツィア・ビエンナーレの裏側の話まで、とても興味深いものでした。


印象に残ったお話を2つほどご紹介したいと思います。


「具体的と抽象的」

日本館でのテーマは、東日本大震災。

でも、日本館で放映された映像作品の内容は、被災地でのドキュメンタリー映像とかではなくて。
「9名の美容師が、1人の髪の毛を切る」とか「5名の音楽家が、1台のピアノで曲をつくる」とかね。
複数名の人々が、特定の課題に共同で取り組む、そんな映像でした。

人と人との繋がりから生まれる素晴らしさや、失敗、醜さ。
そういった抽象的な切り口で震災という出来事を捉えたようです。

被災地の写真や映像を使って、その出来事を具体的に伝えることは簡単ですが、それでは『日本の出来事』で終わってしまう。
メッセージを抽象化することによって、『日本』の問題ではなく、自分の問題として考えてもらえるのでは。

そんな話がありました。
『コトコトことば』も「言葉」の作品なので、映像や絵画よりもまっすぐ伝わりやすいだけに、具体的になりすぎないように気をつけなきゃと思いました。
具体的になりすぎると、わかりやすくなるのと同時に、共感してくれる人は少なくなってしまうんやろなぁ、と。


「直接的と間接的」

田中さんはアメリカに在住されているようで、被災者ではない人が震災をテーマにすることに批判もあったようです。
それも被災地で何かをするような直接的な活動ではなく、海外で作品展示をするという限りなく間接的な方法で。
でも田中さんは、震災から距離がある自分だからこそ、間接的だからこそできることがあるはず、と仰っていました。
距離を感じている人だからこそ、遠く離れたヴェネツィアでも訴えかけるような、抽象的な作品を考えられたのかな、と思います。


自分の作品は、誰かの支えになれたらいいなーと書いているわけですが、誰かの人生や考え方を大きく左右するのは無理かもしれないし、そんな勇気はないわけで。

背中を押すような直接的な力はないと思うけど。
でも、アロマみたいに、なんとなーくいい香りがして、ちょっとリラックスできるような、ちょっとストレスを発散できるような。
間接的かもしれないけれど、自分の作品にも、そんな目には見えないチカラがあると信じたいな、と。


長くなりましてすいませーん。。
とても充実した話だったのでまとめきれず。。。笑
もしPARASOPHIAにご興味があれば下のリンクへどうぞ!

【PARASOPHIA:京都国際現代芸術祭】
http://www.parasophia.jp/

新作、更新してるってよ

こんばんわ!新作『#ギター』更新しました!!
ギター

そのままの勢いで、ブログを書いております。
新作についての諸々を、ご興味ある方はお付き合い下さい。


7月14日(日)の『情熱大陸』はご覧になりましたか?
『桐島、部活やめるってよ』の著者「朝井リョウ」さんについての放送回でした。

そのなかで、共感した話があって。

作品は、多くの人に届けようとするけれど、1対1のものなので。
見てもらった人の「自分だけの特別」になりたい。
たくさんの人に届けたいってのと矛盾してるようだけど。
たくさんの人の、「自分だけ」になりたい。

セリフは少し違ったと思いますが、そんなお話がありました。


「コトコトことば」もね、どうやったらもっと多くの人に見てもらえるか。
どうすればもっと多くの人に届けられるか、と考えることが最近は多かったのですが。
「1対1」っていうのを忘れたらアカンなぁ、と。


さて、そんなことを考えながら書いた今回の『#ギター』です。
自分の周りでね、ちょっと落ち込んでいる人がいて。
詳しくはわからないんですが、精神的にちょっと弱いところがあるのかなって。

でも、弱いって言われるような性格だって。
だからこそ、人に対しては優しくなれたりだとか、その人にしかできないことがあると思うから。

自分にも空洞を埋めることはできないと思うけど、元気になってもらえたらいいなぁ、と。


たくさんの人の「自分だけ」になれるように。
自分の声も、アンプが無くても届くって信じたい。

アート&クラフトマーケット

昨日は『アート&クラフトマーケット』でした!
お越し頂いた方々、改めましてありがとうございました!

クリスタ長堀 滝の広場にて
IMG_0980.jpg
地下街の一角で雑貨やアクセサリー、イラストなど、25ブースほどが並びました☆
『コトコトことば』ブースは通路から少し中に入ったところで、人通りはどうかな~と不安でしたが、意外にも興味を持って奥まで入ってきて頂く方が多く、さすが大阪!と思いました( *`ω´)笑

IMG_0982.jpg
久しぶりの地元大阪、そして大阪市内でのイベント出展は初ということもあってか、友達や、先輩、後輩も来てくれて☆
さらには、以前委託販売でお世話になっていた、泉南市の『rojica』さんきっかけで作品を知って頂いた方がわざわざ足を運んで頂いたりと、充実した一日となりました。

IMG_0976.jpg
今回は看板を改良しまして、見てもらいやすいようにと高く積み上げた什器と、持ち前の人見知りの性格と相まって、高くそびえる壁に少し問題点を感じながら、、厚底を履く、という解決策しか思いつきません。笑

42-sora.gif
さて、今回のイベントでは『#空』が一番の人気でございました!
この作品は叶わなかった片思いのことを書いた作品でして。

47-bi-ru.gif
その結末は、実は『#ビール』へと繋がっています。笑
水の泡ではなく、ビールの泡になれたらいいな、と。

『#空』といいますと、今回は冷や汗をかく出来事がありました。
外人さんから「What is the meaning?」と言われまして。笑
どういう意味ですか?ってことですね。
英語はむっちゃくちゃ苦手なもので、かなりカタコトでしたが(^_^;)
そら
「サンシャイン」「レッド、ストレート」「ブルー、曲がる、リーチ、アイズ」「スカイ、ブルー」
図を書きながら、この単語の羅列だけで、「お~なるほど」と言ってもらえました。笑
青い光は、大気の粒子に反射して散乱するから、まっすぐ進む赤い光よりも、たくさん目に届く。だから空は青く見える。何とか伝わったようで良かったです(=゜ω゜)ノ笑


長くなりましたが、今回のイベントで初めてご覧頂いた方も含め、これからもよろしくお願いします☆
次回イベントは8月の『LIFE IS ART』です!詳細はまた後日( ´ ▽ ` )ノ

いろは

あれは1か月ほど前のこと。
「バカリズム案6」というDVDを見たときのお話。

バカリズムさんが最近好きでね、舞台でのネタが収録されたDVDで。
その中に、こんな話題がありました。



いろは歌ってご存知ですよね?
「いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ つねならむ うゐのおくやま けふこえて あさきゆめみし ゑひもせす」
(色は匂へど 散りぬるを 我が世誰そ 常ならむ 有為の奥山 今日越えて 浅き夢見じ 酔ひもせず)

全ての仮名を重複させずに並べられた歌で、現在の「あいうえお…」の五十音順ができる前に使われていたものです。
今となっては、全文を知っている人も少なくなってきたのではないでしょうか。

ん、ん?…全ての仮名を??
濁点使ってるやーん!しかも「ん」がないやーん!
ということで、濁点のない、ちゃんとした「いろは歌」を作ろう!という試みをされていました。
やや無理がありながら、そこは笑いでごまかしながら、でも確かに「ん」までを含む五十八音を重複することなく並び替えて、文章を作っていました。
それも、いくつもいくつも。すごいなーと思いながらも、と同時に。



そのとき、こう思いました。
僕もやりたーい(=゜ω゜)ノ笑

はい、考えてみました。

「つらいこと けせるまほう ふ そんな むりやよね わすれゑぬ おもゐにかえて ゆめをあしたへ さきのみちはひろく」
(辛いこと消せる魔法 ふ…そんな 無理やよね 忘れえぬ想いに変えて 夢を明日へ 先の道は広く)

ででーん!どうでしょうか!どうでしょうか!?
辛い出来事も、忘れることはできないけれど、明日への力にっていうメッセージも込めての「いろは」です!!
「ふ」あたりに苦悩の跡が残っていますね( *`ω´)笑
ご興味がある方、一度やってみてください!
やってみないと、この凄さは理解できないでしょう!
やってみると、時間を無駄にするでしょう!笑



さて、今週末は大阪、心斎橋でのイベントですね!
『アート&クラフトマーケット』
7/13(土)11:00~18:00
初出展のイベントで、どんな感じになるか楽しみですね☆
初心に帰って頑張ります!…「いろは」だけにね(=゜ω゜)ノ笑

3連休初日ですが、ご予定がまだお決まりでない方、忙しい方、暇な方、すごく暇な方!
ぜひぜひ、何とか、そこを何とかお越しください~( ´ ▽ ` )ノ笑

世界を変えられる?

久しぶりのブログ更新です!

前回のブログ以降は、2か月ぶりのイベント出展、そして新作発表『#お肉』と『#たまご』がありました☆
6/23(日)『京都アートビレッジ』へお越し頂いた方々、改めましてありがとうございました( *`ω´)

新作はいかがだったでしょうか?
特に『#たまご』はかなり長い間温めていた作品で。
新作発表はいつもドキドキで、どんな反応があるか、と一喜一憂しております(^_^;)笑


さて、7月は、といいますと、初出展の大阪心斎橋でのイベントがあります。
7/13(土)『アート&クラフトマーケット』@クリスタ長堀 滝の広場 です☆
京都での活動が中心だったので、なかなかご都合がつかなかった方々、お会いできればと楽しみにしています♪( ´▽`)


そしてそして、7月20日の新作発表は『#ギター』の予定です。
そんなわけで、最近は音楽についていろいろと考察をしております。
「音楽は世界を変えられるか?」
そんな問いかけについてどう思いますか?

1978年。
レゲエの神様こと、ボブ・マーリーは世界を変えました。
当時ジャマイカで続いていた内戦。
そんな中、彼はコンサートを開き、対立していた2人の党首をステージ上に招き、和解の握手をさせました。
政党間の争いに巻き込まれ、2年前には自らも狙撃され、重傷を負って、亡命をしていたのにも関わらず。


アートは世界を変えられる、そう信じていたいなぁと思います。
国を動かす力はなくても、誰かの中の世界観をガラッと変えられるような。
誰かの人生に大きく関われるような、そんな作品をつくりたいな、と。

まぁガラッと、大きくは言い過ぎましたが(=゜ω゜)ノ笑

Home > 2013年07月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top