Home

コトコトことば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

うさぎ

大変ご無沙汰しております…!
なんと気付けば5ヶ月ぶりのブログ更新です。。

今回は、新作『#うさぎ』について。
151 うさぎ

「二兎追う者は一兎をも得ず」
欲を出して同時に二つのことをうまくやろうとすると、結局はどちらも失敗する。

そんなことわざがありますが、僕にとっては、サラリーマンとして働いている日常と、アーティストとしての活動は、「二兎」なのかなぁと考えることがあります。
アーティスト、作家として生計を立てようと努力して活動している方からすると、趣味として活動しているアートは、甘いと言われることもあります。
意識というか、覚悟としての甘さであったり、価格設定のいい加減さであったり。
自分でも、確かに甘さを感じることもとありますが、どちらも僕にとっては真剣なわけで。

小さいころから、普通の家族を持って、普通の幸せな暮らしをするのが僕の理想でした。
だから、僕にとって、サラリーマンとして働いて、安定した生活をするのは、理想の暮らしなんです。
でも、アートを通じて感じるワクワクする気持ちは、夢を感じる楽しさだなぁと思うわけです。

週末に活動しているアートが無ければ、もっと仕事のために時間を割くこともできるかもしれません。
仕事が無ければ、もっと挑戦してみたいアートイベントもたくさんあります。

きっといつかは、両方を追うことができなくなるんだろうなぁ。そんなことを思いながら、もう少し、夢も、理想も、追いかけていたい、と。


さて、作品解説は以上ですが、実は今回の『#うさぎ』には、続きがあります。

『#うさぎ』というお題は、5月のデザフェスにて、いつも見に来て下さる方から頂いたテーマなんです。
通常の31枚の日めくりではなく、曜日でめくる7枚の日めくり、全てうさぎのものが欲しい、というお話でした。

東京出展の度に見に来て下さる方で、いつもたくさん差し入れを頂いているのもあって、安請け合いしたんですけどね。笑
同じお題で7枚書くのは初めてで、かなり苦戦しました…>_<

が、何とか形にできましたので、残りの6作品もご紹介したいと思います。


151-2 うさぎ
うさぎは、危険を察知するために、長い耳を使って、微かな物音も聞き逃さないようにしているそうです。
僕ももっと大きな耳があったなら、大切な声を聞き逃さずにいれるだろうか。


151-3 うさぎ
うさぎは寂しいと死んじゃうなんて話はウソなんですね。
でも、実は環境の変化にとても弱い動物だそうで、12時間以上絶食すると、胃腸の動きが停滞して、危険な状態になることもあるそうです。
寂しいわけじゃなくても、こまめに気を遣うことって必要なんですね。


151-4 うさぎ
日本では、餅つきをするうさぎの姿が月に浮かんでいると言われていますが、インドの説話では、うさぎと煙が見えると言われています。
山の中で倒れている老人を助けようと食料を探したうさぎは、結局何も見つけることができず、自らを食べてもらおうと火の中に飛び込んだ…というお話です。神さまは、そんな優しいうさぎの姿を永遠に残してやろうと言い、月の中にうさぎと煙が見えるようになったそうです。
月といえば、暗い夜に見えるものですが、気分が暗くなったときでも、そのときのうさぎみたいに優しい気持ちで行動できる人でありたいな、と。


151-5 うさぎ
自分にできないことを手に入れようと、諦めずに頑張る姿はもちろん素敵だと思いますが、自分に無いものを羨んだり、妬んだりするよりかは、今の自分にできることをしっかり見つめて、自分にしかできないことに変えていく努力が大切なんじゃないかと思うわけです。


151-6 うさぎ
うさぎといえば、にんじん好き!というイメージを持っていましたが、実は葉っぱの方が好きな子たちが多いそうです。また、食べ過ぎると高カロリーで危険でもあるそうで。
にんじん=ご褒美という意味もありますが、きっと僕にとってのご褒美もそうなのかなって思うわけです。
これを頑張ったら何かを買おうかなんて、ご褒美を考えながら頑張ることもありますが、ご褒美を目的にするんじゃなくて、頑張っていること、それ自体にやりがいや楽しさを見つけることって、きっと大切なんだろうなぁと思ったわけです。


151-7 うさぎ
同じ林檎なんだけど、うさぎの形にカットされているだけで、ちょっと嬉しくなったり、楽しくなったりするじゃないですか。
皮が全部剥けてしまった後よりも、その途中の状態であるうさぎの形って、素敵だと思うんですね。
成長しようと頑張っているときなんかも、きっとそうなのかなって思うわけです。
ひと皮剥けようと頑張っているときが、きっと輝いているんだろうなぁ、と。


以上、7枚の『#うさぎ』でした!
7枚タイプのうさぎ日めくりをイベントで販売するかどうかは考え中ですが、もしご希望の方はご連絡頂ければ、イベントの際に持参いたします〜(^ ^)

三十而立

久しぶりのブログ更新です。

実は、21日で30歳になりました…!
節目を迎えるにあたって、なんとなく『論語』に出てくる「四十にして惑わず、五十にして天命を知る」という言葉が頭に過ぎって。
三十は何なんだろう、と調べてみました。

『論語』とは、孔子の言葉や問答を、弟子たちがまとめた書物です。
そこには、「子曰、吾十有五而志乎学、三十而立、四十而不惑、五十而知天命、六十而耳順、七十而従心所欲不踰矩。」と記されています。
「子曰く、吾十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順う。七十にして心の欲する所に従えども矩を踰えず 。」と読むそうです。

三十而立(さんじゅうじりつ)。三十にして立つ。
「三十歳になって、自分の中の道徳観や学識が確立して、それが自信になって思想が固まること。」という意味だそうです。

自分はどうだろうかと考えると。
道徳観や学識に自信なんか無くて、思想だけ凝り固まってしまってるんじゃないかって反省しました。
もちろん学識が足りないと感じるのは、十五歳で志した学問をどれだけ二十代で積み重ねてきたか、これまでの自分の努力不足に原因があるわけです。
不惑になるまでに、これから取り戻していかないとな、と感じた節目でした。


さて、2017年が始まって、もう2か月が経ちます。
歳を重ねるごとに時間の流れを速く感じるようになってきましたが、年齢とともに時間の経過を速く感じるのは、新鮮な経験が少なくなってくるからだそうです。
気付けば1ヶ月が経って、あっと言う間に1年が経つ。そんなの嫌だなって思うんです。
今年は新しいこと、新鮮なことをたくさんしたいな、と思いました。

馬場俊英さんの『旅人たちのうた』という歌に、「三十代は大人の十代、青春を繰り返すような」という歌詞があります。
新鮮な経験で溢れていた青春時代。時間はあってもお金が無くて、限られた世界の中で生きていました。
三十歳。時間は限られているけれど、世界は自分次第でいくらでも広げられると思います。
好奇心と行動力を持って、三十代を楽しみたいと思います。


142-pennginn.gif
こちらは二十代最後の作品です。
「水を得たら」という言葉は、環境のせいにしているようで、少し甘えもあるかもしれないけれど。
自分の力を発揮できる場所を見つけられるように、発揮できる力を身に付けられるように。
ペンギンみたいにゆっくりでも、歩いていけたら良いなって思うんです。

2016→2017

あけましておめでとうございます!
昨年は大変お世話になりました。
本年も、どうぞ宜しくお願い致します。

2016年は、コトコトことばの活動10周年ということで、充実した1年だったなぁと思います。
10月の大阪での個展では、グループ展を行い、懐かしい人たちと話す機会も多くありました。
久しぶりに会っても変わっていないところ、こんなところが好きだったな、好きだな、と。

また、歳を重ねるごとに変化していく部分も多くあって。
年末はいつも大学時代の友人と忘年会で集まるのですが、話題が子育てのことや購入する新居のこととか。
自分だけ取り残されている感じがして、年始からメンタルを立て直すのが大変でした。笑

変わらずにいられてるかな、成長できているかな、と。
年を経るごとに何か努力できているかな、と。
そんなことを考えた、2017年の始まりでした。

具体的な目標ってわからないですが、何か努力をする1年にしたいなって。
抽象的ですけど、そんなふうに思います。
2017年も、よろしくお願いします!

2017年 卓上カレンダープレゼント

毎年恒例、卓上カレンダープレゼント企画のお知らせです!

今年は既に10月の大阪での作品展でたくさんお配りしましたが、いつも遠方の方にもたくさんご応募頂いているので、例年通りご応募を受け付けたいと思います…!
応募方法をお読み頂きまして、ご応募をお待ちしております。

IMG_3865.jpg
10cm×10cm程のミニ卓上カレンダー。
プレゼント企画ですので、送料も含めて無料です。
先着順50名、12月末までの受付となりますのでご了承ください。

ちなみに上の画像は2013年のカレンダーですので、掲載作品は異なります。
2017年の掲載作品の一部をご紹介。

【1月】 #猫
1.jpg

【2月】 #糸
2.jpg

【3月】 #ヤドカリ
3.jpg

【4月】 #犬
80 犬

【5月】 #蛙
123 蛙


◆応募方法◆
【①お名前、②郵便番号、③ご住所】の3点をご明記のうえ、メール、facebook、twitterからご連絡下さい。
メールの場合は、「kotokotokotoba@yahoo.co.jp」宛にお願いします。
facebook、twitterの場合は、「メッセージ」にて送信下さい。
送信頂きました個人情報につきましては、本企画のカレンダー発送、および今後の展覧会のお知らせの送付にのみ利用させて頂きます。

こちらからの返信をもちまして、応募受付完了となります。
2~3日経っても返信が無い場合は、宛先を再度ご確認ください。
なお、カレンダーの発送は12月下旬を予定しております。

それでは、ご応募お待ちしております^ ^

第5回作品展『青-あお-』レポート

早いもので、作品展『青-あお-』が終了してから、3週間が経ちました。
遅くなりましたが、展覧会の様子をご紹介いたします。

IMG_4251.jpg
会場は、大阪・松屋町の「cafe・gallery タロイモ」さん。

IMG_4293.jpg
マンガがコンセプトのカフェ・ギャラリー。お皿も吹き出しの形になっています。

IMG_4282.jpg
お店の名前は、ギャグ漫画描きの店主さんのペンネームから。
タロイモ入りのパンケーキもあります。


IMG_4246.jpg
展示の様子はこんな感じです。

IMG_4236.jpg
10年間の集大成。136作品を壁面に並べました。

IMG_4250.jpg
久しぶりに、大きなアクリル画も描きました。


では、今回展示した「青」がテーマの作品をご紹介します。
ちなみに解説文にも秘密がありますので、ご注目頂ければと思います。
IMG_4338.jpg

IMG_4255.jpg
『水たまり』
雨が降った後にしか、水たまりはできないし、下を向いた時にしか、水たまりは見えないから。
落ち込むことも、悩むことも、きっと大切な糧になる。

IMG_4256.jpg
『蛙』
憧れた姿になれたのだとしても、失ってしまうものもあるんですよね。
尾びれや、エラ呼吸、無くなったものを嘆くより、今の自分にあるものを、大切にしたい。

IMG_4257.jpg
『雲』
淡い夢だと本当はもう、気付いているのかもしれないけれど。
折れない気持ちがあれば、まだ掴めるような気がするんです。

IMG_4258.jpg
『竹』
あの頃の経験のひとつひとつが、僕の成長を支えてくれているんです。
大きく成長する竹も、節目があるから倒れずに育っていけるわけです。

IMG_4259.jpg
『信号』
曖昧な理由を言い訳にして、前に進めずに立ち止まってしまうけれど。
思い切って一歩踏み出してみれば、目の前はきっと、いつも青信号だと思うんです。

IMG_4260.jpg
『パズル』
甘えや、未熟な部分、足りないものはたくさんあるけれど。
お互いに補い合えるような関係なら、欠けている部分も認め合えるだろうか。

IMG_4262.jpg
『海』
鮮やかな色に魅力を感じても、自分の手の中では、透明になってしまいます。
同じ水であったとしても、器によって、持つ色が変わってくるんですよね。

IMG_4263.jpg
『涙』
溢れ出した涙は、僕から優しさや潤いを奪っていかないだろうか。
抑え切れない気持ちから、生まれるものがあれば良いな、と。

IMG_4264.jpg
『ヨット』
歩んできた道のりには、いつも背中を押してくれる人たちがいました。
追い風に助けてもらうだけじゃなくて、これからは向かい風の中でも進めるように。

IMG_4254.jpg
『空』
あなたに届けば良いなと願って。
お久しぶりのアクリル画です。


原画作品は以上10作品です。
解説文は、2つの文章の頭文字が「あ」「お」になっています…!

IMG_4229.jpg
こんな形で、

IMG_4228.jpg
並んでおりました。

IMG_4300.jpg
ご来場者プレゼントにしていたカレンダーです。

IMG_4290.jpg
物販のポストカードや、

IMG_4237.jpg
活動ファイル、

IMG_4301.jpg
作品のファイルは、会期の途中で追加しました。


そして、こちらはグループ展。
10名の方に、同じく「青-あお-」をテーマにポストカードサイズの作品を描いて頂きました。
IMG_4337.jpg

IMG_4316.jpg
『蒙古斑』 さとう ふみ

IMG_4318.jpg
『blue drop』 berry Drop

IMG_4320.jpg
『堕ちてゆく夜の隙間で』 mechifura

IMG_4322.jpg
霜月

IMG_4324.jpg
『のぞいてみると』 濱田 美紀

IMG_4326.jpg
『ペタリ、ペタリ、』 有田 優里

IMG_4362.jpg
『My pocket -青-』 Türr

IMG_4330.jpg
『深まる』 すずり

IMG_4332.jpg
『concentré』 三乃

IMG_4334.jpg
田守 英里子


今回は、初めてレセプションパーティを行いました。
レセプションとは何をするのか…とふわふわしながら緊張しておりましたが、グループ展出展者の方々や、友人、イベントで知って頂いた方など、たくさんお集まりいただき、楽しく過ごすことができました。

活動10周年。今年で5回目の個展でした。
以前は友人が足を運んで見に来てくれる展覧会でしたが、徐々にイベントや展示で知り合った方が増え、重ねてきた10年を感じる1ヶ月でした。
嬉しいご感想をたくさん頂いて、活動をしてきて良かったと、自分の存在価値を感じさせてもらえました。

10年とは、とても長くて。
これから10年、20年と続けていける自信は無いですが、ひとつひとつの節目を大切にしながら、また進んでいきたいと思います。
展示をさせて頂いたタロイモさん、そして作品をご覧頂いた方々、告知にご協力頂いた方々、本当にありがとうございました!
IMG_4341.jpg

Home

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。